ホーム > 育児 > うんちトレーニングも段階的に進める

うんちトレーニングも段階的に進める

これはおしっこのトレーニングにも言えることですが、最初からトイレやおまるですることを期待するのは禁物です。

 

まず最初の段階として必要なのは、幼児が自分でうんちをしたいときの感覚を覚えるということです。

 

ですから、幼児がいきんだり、顔をしかめたりしてうんちを出すときの感覚をつかめればまずはOKです。

 

トイレやおまる以外でしてしまっても、これがうんちを出すことなんだということを言葉などで意識させてあげましょう。

 

決して叱らずに、上手にうんちを出せたことをほめてあげるとよいでしょう。

 

幼児が自分で意識してうんちを出したということがまずは大事なのです。

そして、次の段階としてうんちを出そうとしているタイミングで、トイレやおまるに誘うということをトレーニングして行きましょう。

 

トイレトレーニング全般に言えることですが、あせらずに一つ一つ習得していくという親の姿勢が大切になってきます。

 

そのようにして進めることが結果的には、早くトイレトレーニングから卒業することにもつながるようです。

 

親子で楽しみながら習得できれば一番ですね。

 

それまではお母さんとしては排泄物の処理が少し大変ですが、この時期だけと考えて冷静に受け止めるように努力してみましょう。

 

ところでトイレトレーニングを進めていくと、おしっこは上手にトイレでできるのに、うんちはなかなかトイレでできない、あるいは嫌がるという幼児がいます。

 

ひとつは上手にいきめないということが原因になっているのかもしれません。

 

例えば、便座の位置が高くて足が着かないので力を入れることができないのかもしれません。

 

こんなときはおまるを利用することですぐに出来るようになることがあります。

 

あるいはトイレに関する以前の嫌な記憶がよみがえる場合もあります。

 

トイレで叱られたことや、トイレの雰囲気がよくなかったことなど、幼児なりにマイナスのイメージでトイレをとらえているのかもしれません。

 

このような時は幼児も隠れてこっそりうんちをしたり、出すのを我慢して便秘になったりすることもあるので要注意です。

 

まずはトイレで叱らないという点に注意し、逆にトイレが楽しい場所という雰囲気をづくりを工夫してみるとよいかもしれません。

 

例えば、子供の大好きなキャラクターの絵を飾ったり、ぬいぐるみや人形を置いたりなどはひとつの方法です。

 

他にもトイレに行く時間だけ子供の好きな音楽を音楽をかけたり、テーマソングを歌ったりと楽しい時間のイメージ作りをしてみましょう。出産された方へ応募者全員プレゼントこちら