ホーム > 健康 > 脂肪肝や糖尿病の原因となる食べ過ぎをやめるには?

脂肪肝や糖尿病の原因となる食べ過ぎをやめるには?

脂肪肝が惧れられている点は、心筋梗塞であったり狭心症といった心臓病、脳梗塞などの血管系の疾病を招く可能性があるからです。脂肪肝の一番の原因は、カロリーオーバーや運動不足などが考えられています。

 

摂りすぎたカロリーがもとでコレステロールや中性脂肪が肝臓に溜まってしまうのです。特に30代~40代の層に脂肪肝になる人が増えており、この10年間で2倍以上の増加がみられます。糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)の食事療法において、1日3回の食事の量の配分が一番大切なことです。

 

一度に大量に食べ過ぎてしまうと、血糖値が急上昇してしまいます。大抵の日本人の食生活は朝食は夕食にくらべて軽いことが多いです。糖尿病予防のサプリランキング

 

 

早寝はやおきして、朝食は多めに食べるようにすることは健康につながります。インスリンが多量に出つづけると食欲が増して、中性脂肪の合成を高め、その取り込みを活発にします。

 

 

 

さらに脂肪細胞(脂肪幹細胞移植などの細胞源として注目を集めている細胞でもあります)にたまった中性脂肪は分解しにくくなるなど、脂肪がしつこく蓄積します。要約すれば一度インスリンが過剰になるとさらに食べ過ぎや肥満が促進されます。血糖値が下がりにくくなるという悪循環を引き起こしてしまいます。血液の中に糖分の濃度が高ければ尿の量が増えて頻尿になることがあるようです。

 

 

また通常では体内にあるべき水分が尿として放出されるため脱水状態となり喉の渇きが気になる様になります。

 

 

次にエネルギー源である糖が上手に利用されないことによってしっかりと食べていても痩せてしまったりいつも空腹を感じたり、全身のだるさや体重が減少などの症状がでてきます。

 

 

 

毎日を活発に過ごすことは糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)が改善・予防されることに期待をもつ事が出来ます。

 

 

10分間だけでも体を動かすようにして運動しましょう。わずか10分という短い時間も、1日で合計すした場合意外な時間になります。

 

 

あとはエスカレーターは使わないで階段を使う、近い区間であればバス停をひとつ手前で降りて、できるだけ歩くようにすると成果が出ます。単純に食事の量を減らしさえすればいいという簡単な話ではありません。

 

 

 

1日の運動や行動に適したエネルギーは体型や活動した量や時間に応じて人それぞれ違っています。

すなわち、自分に合った総エネルギー量を合算していつもの食事量が自分にとって調度いい量を超えていないかを覚えておく必要があるようです。

 

 

初期の糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)においては、自覚症状は少なく明確な症状が体に出てこないのが特性になります。

 

大部分の人はストレスや仕事の疲れからと感じてしまい、まさか糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)が原因だとは考えません。

 

 

そのため糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)の発見が遅れてしまい、じわじわと合併症が進行し、気付いた時には状態が悪化してい立という人も多いのです。インスリンは膵臓から生成されるホルモンで、糖をエネルギーとして利用し細胞に取り入れる作用があるようです。食べ物を食べた後は吸収された糖が血液の中で全身をめぐるため直後は血糖値が高くなりますが、インスリンの分泌が正しくはたらくと糖は細胞内に吸い込まれて血糖値はゆっくりと普通の状態に戻っていきます。


関連記事

  1. 脂肪肝や糖尿病の原因となる食べ過ぎをやめるには?

    脂肪肝が惧れられている点は、心筋梗塞であったり狭心症といった心臓病、脳梗塞などの...

  2. 入浴して日常的な代謝の高めの体質の筋肉を作る

    体に負担をかけるようなことをせずに筋肉強化をすることこそが取り組んでいくときのキ...

  3. 糖尿病にならないための健康生活とは

    糖尿病になると最悪の場合失明してしまうことがあります。目の網膜の毛細血管が詰まっ...