ホーム > 健康 > 糖尿病にならないための健康生活とは

糖尿病にならないための健康生活とは

糖尿病になると最悪の場合失明してしまうことがあります。目の網膜の毛細血管が詰まっってしまったり、血糖値が高くなることによって末梢神経の障害が起こったりします。

 

また、代謝が異常になることもあり、様々な目の合併症が起こることがあります。糖尿病では糖尿病網膜症や白内障や角膜障害、そして血管新生緑内障や屈折・調節異常などの病気が起こります。糖尿病は気が付かないうちに進行している場合がありますので、日頃の生活に対しての意識が必要です。

 

糖尿病にならないための以下のことを守り、今までの生活を見つめ直してみましょう。

 

1.食事はゆっくり食べる

食べ過ぎは肥満のもとで、さらに早食いはインスリンの働きが間に合わずに、食後の高血糖の原因になってしまいます。血糖値を急激に上げないためにはまずよく噛んでゆっくりと食事をとることが大切です。

 

2.適度な運動をする

適度な運動をすることによって血糖値を下げる効果があります。また悪いインスリンの働きを予防することができます。血糖値が上がりやすい食事1時間後くらいの運動はブドウ糖や脂肪酸を消費しますので血糖値が高めの方には効果的です。

 

3.血糖値を急激に上げないメニューをとる

血糖値を急激に上げない方法としては食物繊維の多いものを取るのが一番です。 食物繊維は野菜や海藻類やキノコなどに豊富に含まれています。 食物繊維の摂取量を増やすだけで食べ物の消化や吸収の早さをかなり緩めることができますので、積極的に取り入れるように心がけましょう。

 

以上のことを守り、糖尿病にならないための健康生活を続けましょう。

続いて、薄毛にならないための健康生活とは
http://bosca-pet.net/propefile1.html